ゼニスとフェリックス・バウムガートナー:シンガポールへの大いなる跳躍

投稿日:2014.10.24

  • Slide 1
遙か宇宙から地上まで、そこにまっすぐに輝くのは、ただ一本の道です。 それはフェリックス・バウムガートナーのたどったルートであり、彼が降り立つのは、ゼニスのシンガポールでの新しい旗艦店となるブティックであり、10月7日にその堂々たるオープニングを飾った場所でした。 流星を思わせるレーシングカーでのインタビュー、華やかなテープカット、広大な宇宙を感じさせる夕暮れに、星の輝きを帯びたブランドが、東南アジアでの新しい旗艦店となるブティックを称えて、大いなる祝典を開催しました。 「ようこそ船上へ!」 祝福の抱擁で訪れる人を迎えるキャプテンこそが、フェリックス・バウムガートナーです。 世界最速記録保持者の彼は、操舵席から集まった人々を迎え、旅客席にはプレス代表者が並びました。 ブランドのアンバサダーを務める彼は、アウディの操縦席から数々のインタビューを受け、ゼニスの CEO アルド・マガダは、路面電車で質疑に応じます。
ゼニスのシンガポールでの新たな旗艦店となるブティックは、疾走感をもってスタートを切りました。 テープカットに続いて訪れたのは、魔法にかけられたような夕暮れでした。 広々とした空間に無限の宇宙を感じさせる装飾の中、訪れた人々は、星を帯びたブランドの哲学の神髄に触れ、フェリックス・バウムガートナーの宇宙から地上への偉大な跳躍を追体験する栄誉に浴しました。 本イベントは、時計製造の宇宙と輝く星々の世界が出会う場所となりました。 そこには、重力から開放される自由な時間があったのです。そこには、重力から開放される自由な時間があったのです。

カテゴリー: ZENITH Blog 更新! | ZENITH ニュース

news 最新情報

最近の投稿 アーカイブ カテゴリー 宝石のたなか今池本店オフィシャルサイト ゼニス オフィシャルサイト ゼニス ブティック銀座